ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。サイトマップはこちらです。
家族の一員として迎えたその日から、その子の幸せはあなた次第。 年老いたペットや病気になってしまったペットに、愛情と知恵と工夫で幸せな毎日を過ごさせてあげたい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お別れ式
2007年04月23日 (月) | 編集 |
今までいろんなペットたちとのお別れを経験してきました。
実家にいたペット達は、動物霊園に「○○家ペット」として個別の納骨棚を作りそこに眠っている。

お星様になったぴろぴろを神戸まで連れて帰るわけにはいかない。
ネットでペットセレモの情報を調べることはできるけれど、実際のところどういうところなのかはわかりません。

それならば信頼できる先生にお伺いするのがいいということで、横浜小鳥の病院の先生に動物霊園を紹介していただきました。

ぴろぴろがお星様になったのは夜の7時。
動物霊園に連れて行けるのは翌朝。
夏場だけに、ぴろぴろの身体が傷まないように、エアコンの風の当たる場所に木の箱に入れて眠らせた。
お花をいっぱい入れて。
それでも時々汚れが出てくるからティッシュでふき取って、少しでもきれいな状態でいられるように・・・。

ほとんど眠れないまま朝を迎え、紹介していただいた横浜動物葬儀センターhttp://www.pet-sougi.com/に電話を入れてぴろぴろを連れて行きました。

人間の斎場と同じような立派な設備があり、数組のお星様になったペットと家族のみなさんがいらしていました。

お別れ式の流れや一緒に火葬できるもの、できないものなどの説明を受けて、いよいよ本当にお別れ。

火葬が終わりお骨拾い。
わずか50グラムちょっとの小鳥でもきれいに骨が残っていてお骨拾いができます。

そのままの形できれいに残っていた嘴を見たとき、ぴろぴろは本当に居なくなったんだって実感。
小さな骨壷に全ての骨を収めて、しっかり抱いて家に連れて帰りました。
スポンサーサイト
テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして、
素晴らしいblogです。
小鳥と暮らす人間たちにとって、知りたいこと、
教えていただけること、たくさん見つけることができました。
そして、今ともに暮らす小鳥たちへ精一杯のことをしてあげたい気持ちを新たにさせていただきました。
ありがとうございます。

もしよろしければ当方のblogに
リンクをはらせていただけませんでしょうか。
何卒よろしくお願い申し上げます。
2007/05/11(Fri) 16:47 | URL  | カッパ #fcWYAbdw[ 編集]
カッパさん
カッパさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
素晴らしいブログだなんて言って下さって大恐縮です。(^_^;)
ちょっと生活がバタバタしてて、中途半端な状態になってしまってるのですが、これからもどうぞ宜しくお願いしますね。m(__)m
リンクしていただけるとのこと、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。(#^.^#)
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
2007/05/22(Tue) 15:26 | URL  | sakanabiyori #-[ 編集]
エクステリアプランナー
エクステリアプランナーとは、家の外壁や庭園といったエクステリアの設計・工事管理に関する専門家を認定する資格 http://sagacity.markjacobsesq.com/
2008/11/04(Tue) 03:48 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/10/26(Fri) 21:16:45 | 
ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。