ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。サイトマップはこちらです。
家族の一員として迎えたその日から、その子の幸せはあなた次第。 年老いたペットや病気になってしまったペットに、愛情と知恵と工夫で幸せな毎日を過ごさせてあげたい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小鳥を連れての帰省
2006年11月16日 (木) | 編集 |
私の実家は神戸。
お盆とお正月にはぴろぴろを連れて必ず帰省していました。

ぴろぴろがガラスケース生活になってからは、冬場はガラスケースから出せないので、帰省はお盆だけになりました。

夏場は保温の必要がないので、環境の変化による体調だけ気をつければ大丈夫です。

神奈川から神戸まで車での帰省。
もちろんぴろぴろのストレスを考えて、新幹線ではなく車。

車だと途中で休憩した時に、ぴろぴろも籠から出して遊んでやることができるから。

大渋滞にはまって神奈川~神戸まで10時間以上かかったことも何度かあります。

小鳥を車に乗せて長時間の移動をする場合、気をつけなければならないことがあります。

窓からの直射日光が直接あたらないようにすること。
夏場はもちろんですが、冬場でも窓越しの日差しはかなりきついです。

車のエアコンの風が直接あたらないようにすること。
うちの場合、ぴろぴろは運転席の後に乗せることが多かったのですが、前の席はエアコンの調節に気を使いますが、後は注意が行き届かないこともしばしば。
小鳥を乗せる場所に実際に人間が座ってみて、エアコンの風の向きなどを調整しましょう。

ぴろぴろの場合は、何故か怖がるということがなかったので、高速道路走行中でも平気でいつも通りおもちゃで遊び、餌を食べて水を飲んで、お昼寝もしていました。
退屈になると後の席から私に話しかけてもきました。
私が前を向いたまま呼ぶと、ちゃんとお返事もしました。
長いトンネルに入っても全く平気。

これはかなり助かりました。

でも普通はそうじゃない小鳥のほうが多いと思います。
車の振動や走行中の音、トンネルのチラチラする明かりなど、小鳥にとっては怖いものがたくさん。

音だけはどうにもできませんが、小鳥からあまり見えないようにしてしまうことで恐怖心を和らげてやることはできます。
直射日光を防ぐことも考えて、バスタオルなどを鳥篭の上にかけておくのがいいと思います。

そして時々は声をかけてやるようにします。

車を停めて休憩をするときには、窓などが開いていないかを確かめてから車内で鳥篭から出してやりましょう。
小鳥にも休憩になります。

もし途中で餌を食べていなかったり、水を飲んでいないようならば、このときに餌入れと水入れを籠から出して、手に持って近づけてやるといいでしょう。

小鳥を鳥篭から出すのは車を停めている時だけにしましょう。

運転中に小鳥を出すのは危険です。
助手席の人だけが相手になるとしても同じです。
移動中の車の中から見えるものは全て動いています。
どんな些細なことで小鳥が驚いて飛ぶかわかりません。
移動中の車の中では絶対に鳥篭から出さないようにしましょう。

車での移動は途中で何があるかわかりません。
万が一を考えて、小鳥の餌と水はすぐ手の届く所に入れておきましょう。
私は人間用の食料と飲み物と一緒に、ぴろぴろ用のペットボトルの水も買ってから高速道路に乗っていました。


長距離の車での移動は人間と同じ様に小鳥もかなり疲れます。
目的地に着いたら、早く車から降ろして落ち着ける場所に置きます。
このとき、ぴろぴろのように環境の変化に神経質な小鳥の場合は、普段の環境とできるだけ似た状況にしてやること。

明かりの差し込む方向、床からの高さ、人の通る場所との距離。
小鳥から見た視界が普段のものと近づくようにしてやりましょう。

思い切って鳥篭の後ろ側や横をタオルで塞いで目隠しにしてしまうのがいいこともあります。
ぴろぴろの場合はそれでした。

鳥篭の後ろ側といつもぴろぴろが眠る場所の側面を白いバスタオルで覆ってしまうことで、ぴろぴろ的にはかなり落ち着いたようでした。

着いた当日は、できるだけ鳥篭の中で過ごさせてゆっくり休ませてやりましょう。


本当は小鳥に長時間の移動をさせることはしないほうがいいのだと思います。
小さな身体の小鳥にとっては、体力的にも精神的にも人間とは比べ物にならないぐらい疲れるはずです。

でもどうしても小鳥と一緒に長距離の移動をしなければならないときは、途中何度も様子を確認しながら小鳥の恐怖心をできるだけ取り除いてあげる工夫が必要です。


小鳥の話を投稿しています→viralarticle


かわいいペットがいっぱいです♪
   ↓
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにそうですね
車の移動の場合確かに動物達にとっては不安になりますよね
特に小鳥なんかはお話を聞いていると環境が少し変わっただけでもダメですからね
車ですが
タイヤに窒素入れるといいですよ!
ディーラーで言えばやってくれますよ!
普通に空気入れたタイヤよりも窒素だと数倍静かになりますよ!
参考になるか分かりませんけど…

また遊びに来ます
2006/11/16(Thu) 20:02 | URL  | 湘南のひろ #-[ 編集]
ひろさん
ひろさん、ありがとうですぅ。m(_ _)m

タイヤに窒素、うちも入れてましたよぉ~ん♪
あれってかなり違いますよね。
うちの場合ホイル入れてたのでタイヤも替えてて、そのせいではっきり言って乗り心地悪くなってたから、窒素の効果は半減だったかもしれないけど。(笑)

ぴろぴろは車にはしょっちゅう乗せてたので平気だったんだけど、前に少し書いたセキセイインコのまいちゃんは何回乗せても慣れなくて怖がって大変でした。(;^_^A
2006/11/17(Fri) 16:51 | URL  | sakanabiyori #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。