ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。サイトマップはこちらです。
家族の一員として迎えたその日から、その子の幸せはあなた次第。 年老いたペットや病気になってしまったペットに、愛情と知恵と工夫で幸せな毎日を過ごさせてあげたい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットが亡くなった時
2007年06月02日 (土) | 編集 |
ペットが亡くなったら、それまで一緒にすごしてくれた感謝の気持ちを込めてしっかりお別れをしてあげましょう。
悲しいけれど、辛いけれど、最後までできるだけのことをしてあげたいものです。

最期の瞬間に目が開いたままになっていたら、死後硬直が始まる前にそっと手でまぶたを閉じてあげて下さい。
夏場に長時間安置する場合は、身体が傷まないようにエアコンを使ったほうがいい時もあります。
小鳥の場合は小さな保冷剤でも十分です。

遺体を安置している間に、汚れが出てくることがあるのできれいに拭き取ってあげましょう。

ぴろぴろの場合はお菓子の入っていた小さな白木の箱があったので、お花をいっぱい敷き詰めてその中に入れ安置しました。

どこの動物霊園にお願いするかが決まったら、いきなり連れて行くのではなくまず電話を入れます。

亡くなったペットを火葬場まで連れて行くのか、引取りに来てもらうのかを決めて、システムや料金体系などを聞きます。

火葬には個別火葬と合同火葬があります。
個別火葬にした場合はそのまま納骨する場合と、ぴろぴろのように返骨してもらって家に連れて帰る場合があります。
合同火葬にしてもらった場合は火葬後そのまま納骨になります。
料金はペットの大きさや火葬・納骨の種類によって違ってきます。

ぴろぴろがお世話になった横浜動物葬儀センターでは、火葬する前に告別室でお別れ式が行われます。
個別火葬の場合はそのあと炉前で最後のお別れができるのですが、合同火葬の場合は炉前でのお別れはできないので、告別室でのお別れが最後になります。
ぴろぴろの場合は個別火葬だったので、告別室でのお別れのあと、炉前で最後のお別れをして火葬後に収骨をすることができました。

炉前での最後のお別れができない場合でも、一緒に火葬してもらえるのでお花やペットの好きだった餌やおもちゃも入れてあげましょう。
金属やプラスチックなど材質によっては入れられないものもありますが、その場合はスタッフの方が教えてくれます。

火葬後収骨する場合は、ペットの大きさにあった骨壷を準備してもらえます。
ペットの遺骨を自宅に連れて帰ることや、自宅に置くことに関しては賛否両論ですが、私は気持ちが落ち着くまで、気持ちに区切りをつけられるまで傍に置いておきたかったので迷わず連れて帰りました。

この記事を書いている現在も自宅に置いています。


ペット葬儀社ペット霊園は規模も設備もさまざまです。
人間顔負けの大規模なものから個人経営の家庭的なところまで。
口コミ評判のよいところで飼い主の価値観にあったところを選ぶのがいいと思います。

納骨する場合も、共同墓地、個別の墓地、納骨堂などこれもいろいろです。
一番大切なのはお金をかけることではなく、ペットへの感謝の気持ちだと思います。
今までありがとうの気持ちを込めて供養してあげることで、お星様になったペットも天国で幸せに暮らせるんだと思います。
スポンサーサイト
お別れ式
2007年04月23日 (月) | 編集 |
今までいろんなペットたちとのお別れを経験してきました。
実家にいたペット達は、動物霊園に「○○家ペット」として個別の納骨棚を作りそこに眠っている。

お星様になったぴろぴろを神戸まで連れて帰るわけにはいかない。
ネットでペットセレモの情報を調べることはできるけれど、実際のところどういうところなのかはわかりません。

それならば信頼できる先生にお伺いするのがいいということで、横浜小鳥の病院の先生に動物霊園を紹介していただきました。

ぴろぴろがお星様になったのは夜の7時。
動物霊園に連れて行けるのは翌朝。
夏場だけに、ぴろぴろの身体が傷まないように、エアコンの風の当たる場所に木の箱に入れて眠らせた。
お花をいっぱい入れて。
それでも時々汚れが出てくるからティッシュでふき取って、少しでもきれいな状態でいられるように・・・。

ほとんど眠れないまま朝を迎え、紹介していただいた横浜動物葬儀センターhttp://www.pet-sougi.com/に電話を入れてぴろぴろを連れて行きました。

人間の斎場と同じような立派な設備があり、数組のお星様になったペットと家族のみなさんがいらしていました。

お別れ式の流れや一緒に火葬できるもの、できないものなどの説明を受けて、いよいよ本当にお別れ。

火葬が終わりお骨拾い。
わずか50グラムちょっとの小鳥でもきれいに骨が残っていてお骨拾いができます。

そのままの形できれいに残っていた嘴を見たとき、ぴろぴろは本当に居なくなったんだって実感。
小さな骨壷に全ての骨を収めて、しっかり抱いて家に連れて帰りました。
テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット
ペット介護。病鳥、老鳥、小鳥の飼い方、小鳥の病気、小鳥の病院、コザクラインコの話、セキセイインコの話、老犬の介護のお話を書いています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。